ニュース

2018.07.09 09:10

大野市の園児がイトヨの稚魚放流

 大野市糸魚町の本願清水イトヨの里は6日、イトヨの稚魚の放流会を施設の池で開いた。市内の上庄保育園5歳児が「大きくなってね」と成長を願いながら約300匹を放した。

 池には約6千匹のイトヨが生息し、国の天然記念物に指定されている。きれいな水でしか生息できず、寿命は1年と短命。施設で毎年ふ化させて池に放流し、種の保護に努めている。

 園児18人はビデオでイトヨの生態を学んだ後、今春ふ化した体長3センチほどの稚魚を放した。子どもたちは稚魚が入ったバケツを持ち、声を掛けながら池に放った。

 篠原大和ちゃん(6)は「初めて見た。かわいい。すっごく大きくなってほしい」とにっこり。施設の杉川繭美副館長は「かつては市内で見られたが今はここでしか見ることができない。放流を通して、小さいころから大野の宝を心に残してもらえたら」と話した。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ