ニュース

2018.11.28 09:06

福井市産のショウガで大豆菓子 女性グループ商品化

 県産大豆でみそなどを製造する福井市清水南地区の女性グループ「新ちゃんみそ」が、同市産のショウガを使った大豆菓子「しょうが豆」を発売した。油で揚げた県産大豆をショウガや自家製みそなどで味付け。優しい甘さでさっぱりとした味わいに仕上げた。

 従来の大豆菓子「きなこ豆」「揚げ豆」に続くラインアップ。同市産のショウガを使った新商品を作ろうと、県福井農林総合事務所などに相談しながら開発した。三上雅代代表(69)は「大豆はさくっと香ばしい。豆の甘みにショウガのほんのりとした辛さがマッチしている。幅広い年代の人に味わってもらえれば」と話している。

 小売価格は70グラム入り税別400円前後、35グラム入り同300円前後。同市のハピリン内「福福館」、北陸自動車道北鯖江パーキングエリア(鯖江市)などで販売している。

 「しょうが豆」発売に合わせ、従来の2商品のパッケージデザインも一新。密封できる袋に変え、持ち運びしやすくした。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ