ニュース

2018.12.03 08:48

山口茜、全日本バドミントン2連覇

 バドミントンの全日本総合選手権は2日、東京・駒沢体育館で各種目の決勝が行われ、女子シングルスの山口茜(勝山高出身、再春館製薬所)が奥原希望(日本ユニシス)に2―1で勝利し、2年連続3度目の優勝を果たした。

 山口は第1ゲーム、序盤から我慢強くラリーを制し、リードを奪った。中盤に一時追いつかれたが、冷静に立て直し21―16で先取した。

 第2ゲームは奥原の強打がさえ17―21で落とし、勝負は最終ゲームに。山口は「集中し直した」と、立ち上がりの7連続得点で主導権をつかむと21―11で快勝。昨年に続き栄冠を手にした。

 「結果もうれしいが、今大会最後の試合で一番良い内容のプレーができたことに満足している」と喜びを語った。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ