ニュース

2016.06.07 08:49

西武福井店「デパ地下」にお試し出店 第1号は毘沙門寿司

 福井商工会議所の会員事業所が「デパ地下」にお試し出店する販売コーナーが、福井市の西武福井店の本館地下食料品売り場にオープンした。第1号として同市上毘沙門町の「毘沙門寿司」が21日まで店を構え、特製の焼き鯖ずしを実演・販売している。

 >>西武福井店デパ地下ではJURACAがオトク!

 同会議所と百貨店大手のそごう・西武が地域活性化に向け、5月末に締結した連携協定の第1弾事業。約28平方メートルを同会議所が借り上げ、会員事業所に1社当たり2週間~1カ月の期間限定で販売スペースとして提供する。百貨店やJR福井駅周辺での商売に意欲がある事業所にとってチャレンジしやすく、西武福井店にとっては新しい商品の開拓につながる。

 販売コーナーがオープンした3日は、毘沙門寿司の堀江富夫社長(68)がバックヤードで、自家製コシヒカリを使った焼き鯖ずしを一つ一つ手作りした。天かす、だし巻き卵、キュウリ、大葉などの具も入り、表面をとろろ昆布で巻いてある。店頭に並べられた1パック400円(税抜き)の焼き鯖ずしを、買い物客は試食して次々と買い求めた。

 堀江社長は「デパ地下に出店できるチャンスに恵まれて幸せ。多くのお客さまに出来たてを召し上がっていただきたい」と話していた。

 22日からは福井市順化2丁目の「割烹間海」が出店する。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ