ニュース

2018.12.05 09:03

高浜町で児童向け「明るい選挙出前塾」

 県選管などは4日、将来の有権者である児童に選挙の大切さを知ってもらう「明るい選挙出前塾」を高浜町和田小で開いた。同校の6年生20人が、模擬投票などを通して選挙の仕組みや重要性について学んだ。

 出前塾は2003年から実施している。

 児童たちは、クイズなどで選挙の仕組みや投票の方法を学んだ後、模擬投票に挑戦した。

 「和田町長選挙」と題して実施した。児童たちは、候補者役のCEPT(県明るい選挙推進青年活動隊)のメンバー3人の政見放送をビデオで見た後、実際に選挙で使われる投票箱や投票用紙を使って1票を投じた。

 授業後、児童たちは「投票は時間が掛かると思っていたけど、すぐに終わって意外と簡単だと思った」「次の選挙では親と一緒に投票所に行ってみたい」などと感想を述べていた。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ