ニュース

2018.12.25 08:15

クリスマスソング、口笛で セーレンプラネット

 星空が映し出されたドームでクリスマスソングを楽しむ口笛コンサートが24日、福井市セーレンプラネットであった。幻想的な雰囲気の中、「きよしこの夜」などおなじみの曲が披露された。

 音の発生の仕組みなどを研究している福井大の森幹男准教授と口笛サークル「ハッピーバード」が出演。ギター、サックスなどを交え、クリスマスや宇宙にちなんだ6曲を演奏した。曲の雰囲気に合わせ、ドームシアターには降り注ぐ雪の結晶や冬の星空が映し出された。「ジングルベル」では来場者も一緒に口笛を吹き、ドームに軽快な音色を響かせた。

 演奏前には、森准教授が口笛が鳴る仕組みやうまく吹く方法を解説した。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ