ニュース

2018.12.28 09:07

西武福井店で初売り用福袋準備 体験型商品も

 「福」をいっぱい詰め込みます―。西武福井店(福井市)は27日、新年の初売り用の福袋に商品を詰める作業を同店新館で始めた。目玉となる体験型福袋は、えちぜん鉄道の運転体験と車両点検見学、県立恐竜博物館(勝山市)のプレミアムツアーなど13種類を用意。全体では例年と同程度の約300種類、約1万個を販売する。

 体験型の価格は、ほとんどが新年にちなんだ2019円。ほかに▽田嶋牧場(あわら市)でお土産付きの酪農体験▽鷹巣海水浴場(福井市)で地引き網体験▽越前和紙や越前漆器などの伝統工芸体験▽福井ミラクルエレファンツの試合で始球式をする権利と球団グッズ―など。1月1~3日に同店で応募した人の中から抽選で購入者が決まる。

 このほかの福袋は、衣類や雑貨、食品、工芸品など多彩で、通常時の半額から3分の1程度の価格となっている。高額品としてサファイアやダイヤモンドをあしらった豪華なティアラ(2019万円)を用意した。初売りは1月1日午前9時半~午後6時半。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ