ニュース

2019.01.23 09:34

台湾の修学旅行生が丸岡高校訪問 授業などで交流

 修学旅行で来日している台湾の高校生一行が22日、坂井市の丸岡高を訪れた。同校の1年生と一緒に授業を受けるなどして交流を深めた。

 県と県観光連盟の教育旅行誘致で、台中市立文華高級中学の生徒61人が来県した。

 音楽の授業体験では琴の演奏に挑戦。丸岡高生に手ほどきを受けながら「さくらさくら」を練習した。両校の生徒は身ぶり手ぶりを使いながら会話し、互いの文化に親しんでいた。授業後は一緒に写真撮影やプレゼント交換をして楽しんだ。

 台湾の生徒によるダンスパフォーマンスや学校紹介などもあった。丸岡高の佐治寿隆(としたか)さん(16)は「台湾の高校生と交流するのは初めてで新鮮だった」と話していた。文華高級中学の林筱珺(リンシャオチュン)さん(17)は「日本は食べ物がおいしいし、琴の演奏も楽しかった」と笑顔を見せた。

 一行は19日に日本入りし、若狭町鳥浜の県年縞博物館や三方五湖などを訪れた。金沢市なども訪問し、25日に帰国する。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ