ニュース

2016.06.08 08:38

7月に「JURACAカップ」 芦原ゴルフクラブで

 福井県あわら市の芦原ゴルフクラブは、7月の土日の計6日間、福井銀行と福井新聞社が発行・運営する電子マネー「JURACA(ジュラカ)」を冠に掲げたオープンコンペを開く。参加者を募っている。

 福井銀が協賛している従来のコンペの名称を変更し、「JURACAカップ」とする。昨年は延べ約400人が参加しており、2種類の電子マネーに加え、地域密着型のサービスを提供するジュラカの認知度を高めたい考え。

 宮北勝栄支配人代理は「県内で広がってきたジュラカを一緒に盛り上げたい。夏場の集客力アップにもつなげたい」と話す。芦原GCはクレジットカード決済に加えて今後、ジュラカに付く後払い式の電子マネー「クイックペイ」などが使える端末を導入する予定。ジュラカ提示によるサービスも検討していくという。

 日程は7月9、10、16、17、23、24日。前半ハーフのスコアによるダブルペリア方式で、参加者全員に賞品を用意する。料金は湖コースのセルフプレー(昼食付き)で会員5800円、家族会員9100円、ゲスト1万300円。問い合わせは芦原GC=電話0776(79)1111。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ