ニュース

2019.02.01 08:47

甲子園初出場の啓新を後押し ふるさと納税で

 県はふるさと納税の一環として、創部7年目で第91回選抜高校野球大会への初出場を決めた、啓新高野球部を応援する寄付を募っている。寄付金の半分が、センバツで使用するユニホームや野球道具購入費に充てられる。3月31日まで。

 県内の高校があらかじめ使途を示して寄付を募る「プロジェクト型ふるさと母校応援」制度は、県が本年度創設した。寄付金の半分は指定した高校のプロジェクトに活用し、残り半分は将来の福井を担う人材育成のために、返還が必要ない給付型奨学金の資金に充てる。啓新高の「母校応援」募集は、福井商高チアリーダー部「JETS」に次いで第2弾となる。

 啓新高野球部は2012年度創部。18年度は秋の北信越大会で準優勝し、春夏通じて初めての甲子園出場を決めた。

 寄付は「ふるさと福井応援サイト」から申し込む。寄付者全員に、啓新高野球部からの礼状と甲子園リポートが送られる。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ