ニュース

2019.02.21 09:13

訪日外国人客向けに美浜町を紹介 タブロイド紙完成

 インバウンド(訪日外国人客)を誘致しようと、台湾で使われている中国語や英語、日本語の3カ国語で美浜町の魅力を紹介するタブロイド紙「すみずみ美浜」の第3号が完成した。北陸新幹線敦賀開業を見据えてリニューアルが進むレインボーラインを特集した。

 町が2016年度から取り組む「美(うま)し美浜人育成推進プロジェクト」の一環。町内の観光関係者など約20人が参加し、これまでにタブロイド紙のほか、プロモーションビデオなども作っている。

 第3号は、レインボーライン山頂公園の見どころを中心に紹介。絶景を望むウッドデッキテラスや足湯のほか、ハンモック広場、カフェなどを3カ国語で解説。「早朝には雲海が見えることもある」など、従業員のコメントも掲載した。

 町の伝統食へしこを活用した商品などの紹介や、町民から募集した美浜の食や自然の写真も載せた。全8ページで1万部製作。町内外の観光施設やホテルなどに置く。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ