ニュース

2019.05.20 09:20

1000人が鯖街道走破に挑む ウルトラマラソン

 第24回鯖街道ウルトラマラソンが19日、小浜市竜前などを出発点に行われた。全国の健脚自慢約千人が、若狭と京都を結ぶ鯖街道の走破に挑んだ。

 京都トライアスロンクラブのメンバーらでつくる実行委員会が毎年開いている。

 小浜市から京都市左京区の賀茂大橋を目指すAコース(約72キロ)に約600人、Aコース中間点の約6キロ東からスタートし同大橋を目指すBコース(約43キロ)に約400人が出走した。

 Aコースのスタート前には、小浜市の松崎晃治市長があいさつ。「鯖街道の歴史に触れてもらいながら、楽しく走ってください」とエールを送った。涼しさが残る午前7時にランナーが出発。上昇する気温に負けず力強く駆け抜け、ゴールを目指した。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ