ニュース

2019.05.29 09:18

JCBと会計ソフトfreeeが連携

 クレジットカード大手JCBとインターネットで会計ソフトを提供するfreee(フリー、東京)は、利用者がカードで決済すると会計ソフトの仕分け処理が自動で完了するサービスを拡充することが28日、分かった。JCBのインターネットサイトのIDとパスワードを会計ソフトに預けずに、より安心、安全にサービスを利用できるようにする。地域金融機関とも連携し中小企業や個人事業主にキャッシュレス決済と煩雑な経費処理の簡素化を支援する。

 5月末から開始する。利用者が事前に許可すれば、JCBからフリーの会計ソフトに必要な決済情報のみが伝達され、自動で項目別に仕分けられる。

 JCBは、法人カード利用者に対して、フリーの会計ソフトの初年度利用料の割引サービスなどを実施する。JCB法人カードを取り扱う地方銀行、信用金庫などは顧客に法人カードやフリーの会計ソフトの積極利用を提案。会計処理との連携をアピールし、カード決済機会の増加や新規顧客の獲得を目指す。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ