ニュース

2019.06.18 09:30

深紅の宝石、食べごろ 越のルビー、福井で収穫

 フルーツのような甘いミディトマト「越のルビー」が収穫のピークを迎えている。福井市白方町でも農家が早朝から作業に汗を流し、直径約3~5センチに育った深紅のトマトを一つ一つ丁寧にもぎ取っている。

 白方町では22軒の農家が越のルビーを手掛けている。水はけの良い砂地で栽培することで、適度な水分と十分な甘みがあるという。約20年のキャリアがある村林利行さん(65)は17日、午前5時前から約300平方メートルのハウスで作業。大きさや色を見極めながら収穫した。

 今年は6月上旬から収穫。生育は良く、昼夜の寒暖差もあって甘みも十分だという。村林さんは「丸かじりが一番おいしい。フルーツ感覚で味わって」と話していた。

 収穫は7月いっぱい続き、県内外に出荷される。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ