ニュース

2019.08.06 09:16

プロミラミングでゲーム作り 坂井市で児童向け教室

 2020年度から小学校でプログラミング教育が必修化されるのに向け、坂井市の東十郷まちづくり協議会は5日、小学生対象のプログラミング教室を同市東十郷コミュニティセンターで開いた。

 自分の意図を実現させるための筋道を論理的に考える「プログラミング的思考」を身に付けてもらうのが目的。東十郷小の3~6年生の16人が参加した。

 子ども向けのコンピューターを使い、初心者向けのプログラミング言語「BASIC」を教わった。講師の指導に沿いながら、接続したLEDが点滅するプログラムを組んだり、簡易なゲームを作ったりして楽しんだ。教室は6、7日も開かれる。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ