ニュース

2019.08.19 09:18

学生まちづくり班が初イベント 日本酒、チーズ楽しむ

 一般社団法人エキマエモールと福井新聞社などのプロジェクト「学生まちづくり班」の参加者が企画した初のイベントが17日夜、福井市中央1丁目の新栄テラスであった。20代がまちなかの広場に集い、日本酒とチーズの組み合わせを楽しんだ。

 公募で集まった学生がまちづくりに挑む同プロジェクトに参加する福井大2年の出口航輝さん(20)が、「福井を盛り上げるために、イベントのノウハウを知りたい」と企画。会場周辺の日本酒バーとチーズ専門店の協力を得て、お盆の帰省時期に合わせ20代を対象に開いた。16日からの開催を予定していたが、台風10号の影響で17日のみに変更した。

 特徴の異なる日本酒3杯とチーズ3種類の飲み比べ、食べ比べを用意した。広島県出身で福井在住1年目の築地祐太さん(27)は「福井の知り合いを増やしたい」と参加者と談笑、社会人1年目の団体職員大草有里枝さん(22)は「20代限定のイベントはあまりないので興味を持った。日本酒とチーズはどの組み合わせもおいしく、屋外の雰囲気が気持ちよかった」と話していた。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ