ニュース

2019.08.30 09:29

カンボジアの学校へ赴任 鯖江市、女性を国際親善大使に

 鯖江市は29日、9月からカンボジアの学校で教壇に立つ元小学校教諭の岩堀美雪さん(58)=同市平井町=を国際親善大使に任命した。鯖江の眼鏡や、市が展開する目の健康増進運動「眼育(めいく)」などについて、現地で発信してもらう。

 岩堀さんは県内の小学校で31年間教員を務め、その間に自己肯定感を高める指導法「宝物ファイル」作りを考案した。カンボジアの首都プノンペンで幼小中一貫校を運営している公益財団法人「CIESF(シーセフ)」(東京)に評価され、今回の赴任となった。任期は1年。

 岩堀さんは9月から小学1年生に進級する24人の担任を務め、日本語や算数などを教える。鯖江発のプログラミング教材「IchigoJam(イチゴジャム)」を使った授業も開発者の協力を受けながら実施する予定だ。

 この日市役所で任命式があり、牧野百男市長から任命状が手渡された。岩堀さんは「鯖江とカンボジアの両方にプラスになる役割を果たしたい」と抱負を述べた。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ