ニュース

2016.06.16 09:24

ガソリン14週連続値上がり 福井県は20銭安

 経済産業省資源エネルギー庁が15日発表した13日時点のレギュラーガソリン1リットル当たりの全国平均小売価格は、6日の前回調査より1円10銭高い123円60銭だった。値上がりは14週連続で、昨年12月14日以来、約6カ月ぶりの高値となった。

 >>ガソリンスタンドでもJURACAが使えます!

 米国でシェールオイルが減産傾向にあるほか、ナイジェリアの政情不安から供給面への懸念が高まり、原油価格が上昇したため値上がりした。調査した石油情報センターは「来週も上昇傾向が続く」と予測している。

 地域別では、43都道府県で値上がりした。上げ幅は高知の5円70銭が最大で、沖縄の3円80銭、群馬の3円20銭と続いた。

 値下がりしたのは3県で、奈良が30銭安く下落幅が最大となった。福井は20銭、京都は横ばいだった。

 ハイオクは1円ちょうど上がり、134円40銭だった。軽油も70銭上昇し103円50銭だった。灯油は18リットル(一般的なタンク1個分)当たり9円高い1152円となった。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ