ニュース

2016.04.02 00:00

電子マネーカード「ジュラカ」申し込み開始 地域密着サービスPR 西武福井店

 カードをかざすだけで支払いができる2種類の電子マネーを一枚のカードに集約した「JURACA(ジュラカ)」の申し込み受け付けが1日、福井銀行の窓口で始まった。共同事業として展開する福井銀行と福井新聞社は同日、西武福井店(福井市)の協力を得て同店1階に臨時ブースを設置。地域密着型のサービスを付加し、県民生活の利便性向上を目指すジュラカの魅力をアピールした。

 会場では福井銀行の女性スタッフらが買い物客に応対。電子マネーの簡単・便利な決済方法をはじめ、ジュラカが利用できる店舗やお得なポイントのため方、西武福井店での特別割引など他の電子マネーにはない独自のサービス内容を説明した。

 多くの申し込みもあり、自営業の富高史朗さん(76)=坂井市春江町=は「将来的に使える店舗が増えれば、メリットも大きくなる」と期待。会社員の清水大樹さん(35)=福井市花月3丁目=は「カード一枚で人やお金の流れがスムーズになり、事業者、使用者双方の利便性が高まる。みんなで利用して消費が活気づけば、福井の活性化にもつながるのでは」と話した。

 ジュラカに付く電子マネーブランドのキャラクター「ナナコ」と「キューペイ」の着ぐるみも登場してジュラカをPR。子どもたちの人気を集め、記念撮影に応じていた。

 西武福井店の臨時ブースは3日まで。その場で申し込むと、同店の「〜愛に生きた歌人〜 柳原白蓮の生涯展」招待券に加え、粗品がプレゼントされる。土日は福井銀行のナチュラプラザ福井、休日相談プラザベルなどで申し込める。同行の口座番号と印鑑、本人確認書類が必要。

 ジュラカの詳細は公式ホームページ(https://www.juraca.jp/)で紹介している。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ