ニュース

2016.04.04 00:00

満開の桜と名所満喫 福井県鯖江市 50人、市内8カ所巡る

 福井県鯖江市内の桜や湧き水の名所を巡る催しが3日、開かれた。満開の桜が各所で咲き乱れる中、参加者はうららかな春の一日を楽しんだ。

 約千本の桜で有名な西山公園だけでなく他の名所も知ってもらおうと、鯖江観光協会が初めて開いた。午前、午後の2回に市内外の計約50人が参加。道の駅「西山公園」を発着点に、市内8カ所をバスで1時間半かけて巡回した。

 平井町の平井児童センター近くでは、約100メートルに渡ってソメイヨシノが咲く並木を堪能した。参加者は満開の桜を見上げながら歩き、カメラに収めた。旧鯖浦線越前平井駅の駅舎跡も見学し、往事に思いをはせていた。

 このほか榎(えのき)清水(しょうず)(米岡町)や許佐羅江(こさらえ)清水(しょうず)(定次町)で湧き水を飲んだり、各所で散策したりして楽しんだ。

 市内から参加した吉村東市さんは「来たことがないところばかり。こんなきれいなところが身近にあったなんて」と感激していた。

 またこの日、西山公園では夜桜のライトアップに合わせ、来場者に豚汁が無料で振る舞われた。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ