ニュース

2017.08.10 08:53

福井国体PRへ、JR福井駅に「柱巻きポスター」

 来秋の福井しあわせ元気国体、福井しあわせ元気大会(全国障害者スポーツ大会=障スポ)に向け、福井市のJR福井駅に9日、公式ポスターをアレンジしたデザインで、柱を囲むように掲示する「柱巻きポスター」がお目見えした。駅利用者に広く開催をアピールする。

 帰省客の増える旧盆を前に、国体・障スポの実行委が制作、設置した。ポスターは4枚組で、1枚の大きさは縦約1メートル、横約1・4メートル。改札とプリズム福井を結ぶコンコースにある四角い柱5本の上部に掲示した。大会終了後まで飾る。

 この日は、はぴりゅうや県職員が競技の日程や会場を紹介したチラシを配りPR。同駅など県内7駅にある「みどりの窓口」には、国体・障スポをPRする卓上のぼりと、はぴりゅうのぬいぐるみを置いた。

 実行委の担当者は「帰省客や観光客をはじめ、多くの人に開催を知ってもらい、『する・みる・支える』といったさまざまな形で国体・障スポを盛り上げてもらえたら」と話している。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ