ニュース

2017.10.12 08:50

池田町産大豆100%の豆乳ヨーグルト発売

 福井県池田町農業公社「おこもじ屋」は、町産大豆で作った発酵豆乳食品「豆乳ヨーグルト」を開発した。12日から町内外で販売する。

 認知症予防のために、発酵食品の摂取や体操を呼び掛ける同町の「脳べるの改革」の一環。町から相談を受け、同公社が「町産大豆100%で作った甘みの強い豆乳のおいしさを届けたい」と、約2年かけて仕上げた。

 見た目や食感はヨーグルトと豆腐の間。大豆の風味が生き、酸味や甘みも楽しめる。大豆は北陸で多く栽培されている品種「エンレイ」を使用した。県固有の植物性乳酸菌を使い、免疫力向上やアレルギー改善の作用を期待できるという。

 瓶入り100ミリリットルで税込み158円。同町のまちの駅「こってコテいけだ」と福井市のベル内「こっぽい屋」で購入できる。同公社の石田和裕さん(45)は「大豆をおいしく食べたい人や、発酵食品に関心のある人に手に取ってほしい」と話していた。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ