ニュース

2018.03.13 09:08

あわら温泉に台湾客160人 テレビ局研修旅行で

 あわら市のあわら温泉に11日夜、台湾からのツアー客約160人が訪れた。インバウンド(訪日外国人客)を推進する旅行会社が旅程に組み込んだもので、市によると一度に外国人客160人が宿泊するのはほとんど例がないという。

 ツアーは台湾のテレビ局の研修旅行。あわら温泉を今年の宿泊推奨地に指定している旅行会社「トラビスジャパン」(長野県)などが計画した。

 一行は午後6時20分ごろ、あわらグランドホテルに到着。あわら市のおもてなしキャラクター「湯巡権三(ゆめぐりごんぞう)」の出迎えを受けた。レセプションで佐々木康男市長は「130年の由緒ある温泉を満喫してほしい」とあいさつ。一行は三味線や太鼓の演奏に歓声を上げ、写真やビデオに熱心に収めていた。後日放送される番組用の撮影も行われた。

 同社は今年、あわら温泉で台湾人千人に宿泊してもらう目標を立てている。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ