ニュース

2018.04.11 09:16

福井銀行、アリババと業務提携 海外販路開拓支援で

 福井銀行(本店福井市)は10日、取引先の海外販路開拓の支援に向け、アリババグループ(中国)の日本法人であるアリババ(東京)と業務提携したと発表した。

 海外で自社製品の販路拡大を目指す企業に対し、世界最大の企業間電子商取引のマッチングサイト「アリババドットコム」への出展を仲介する。同行コンサルティンググループ海外支援チームは「国内販売は人口減で頭打ち。アリババを活用することでマッチングの成功率が上がり、海外営業のコストも抑えられる」としている。

 また福井銀は同日、翻訳ツールのミニマル・テクノロジーズ(東京)と業務提携し、取引先の自社ウェブサイトの多言語化を支援すると発表した。同社の開発ツール「ウォーブンドットアイオー」は30カ国語の翻訳に対応する。

 東京五輪や北陸新幹線の県内延伸でインバウンド(訪日外国人客)の増加が見込まれ、中小・零細企業にとっても多言語対応が急務となる中、情報発信や集客、海外への販路開拓などを後押しする。

カードの募集・発行は福井銀行が行います。
本ページに記載のサービス内容は予告なく変更する場合があります。
記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標、商標、または商標出願中のものです。

ページトップへ